読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日ハムろぐ

主にファイターズ(日ハム)ネタを。野球関連の本を読んだ感想や他の試合を観た感想なども時々

「監督・選手が変わってもなぜ強い? 」オススメな本です

ファイターズ5連敗。。。大谷君は怪我の上、インフルエンザですか。。。
最近明るいブログが書けていないので、ポジティブな気分になるべく、オススメの本を一冊紹介したいと思います。

  • 監督・選手が変わってもなぜ強い? 北海道日本ハムファイターズのチーム戦略 [藤井 純一 (著)]

監督・選手が変わってもなぜ強い? 藤井純一 | 光文社新書 | 光文社

北海道日本ハムファイターズの代表取締役社長を務められた「藤井純一」さんの著書となります。

この一冊、興味深く面白かったのでご紹介したいと思います。

目次

  • はじめに

  • 第1章 スポーツビジネスとは何か

  • 第2章 試合収入

  • 第3章 放映権収入

  • 第4章 スポンサー収入

  • 第5章 マーチャンダイジング収入

  • 第6章 スポーツビジネスのためのIT戦略

  • 第7章 地域密着がスポーツビジネスを成功へ導く

  • あとがき

あらすじ

評論家が誰一人予想できなかったファイターズのリーグ優勝(2012年)。
ダルビッシュが抜け、コーチ経験もない新人の栗山監督のもとで、なぜ勝てたのか?
また、北海道移転以降、監督や選手が変わっても、7年間で4回もリーグ優勝できたのはなぜか?
集客が大幅に増え、女性客の割合が55パーセントに達し、試合中継が道内で抜群の視聴率を誇るのはなぜか?
ファイターズ前球団社長である著者が、話題の「ベースボール・オペレーション・システム(BOS)」のことも含め、すべてを細かに解説する。
そこにあったのは、明確なビジョンと、それに基づいたドラスティックな組織改革だった。
現場発、最強のスポーツビジネス論。

参考元:

監督・選手が変わってもなぜ強い? 藤井純一 | 光文社新書 | 光文社

おすすめポイント

僕がファイターズを好きな理由に、次の2点があります。

  • 「ファンサービスファースト」という活動方針

  • 「スカウティングと育成」という強化方針

こちらのブログでもご紹介させていただきました。

fighters.tabolog.net

上記の内容や、スポーツビジネス・地域密着などをテーマに藤井さんご自身の体験を踏まえながら解説されています。

  • 少し前から話題になっている、「ベースボール・オペレーション・システム」

  • 北海道移転後、どういった狙いをもって「地域密着」を進めていったのか

についても興味深かったです。
また最近話題になっている、ファイターズの「新球場」についても話題が上がっています。

「スポーツビジネス」という少し角度が違う視点から「ファイターズ」について知り、考えることができたことも良かったです。

おわりに

本の中でも紹介されていますが、ファイターズが東京から移転する際に移転先として札幌以外に静岡、「長野」、高松が上がっていました。
「長野」出身の僕としては是非とも「長野」になって欲しかった…
ですが、「北海道」に根付き、愛される「ファイターズ」となってくれているので、それはそれで良かったと思います。