日ハムろぐ

主にファイターズ(日ハム)ネタを。野球関連の本を読んだ感想や他の試合を観た感想なども時々

甲子園にはマモノがいるとはいうが ファイターズvsタイガース 3回戦

甲子園にはマモノがいるとは、よく言われることですが、野球は試合終了まで何が起こるかわかりませんね。

今日の試合はタイガースに先制を許すも、6回表にファイターズ逆転!
9回表にはダメ押しの得点!!しかも相手ミスから!!!

「今日は勝ったな♪やっぱHBCラジオ解説は大宮さんに限る♪♪」

余裕シャキシャキで、もう勝ったものだと信じ込んで、9回裏のMASUI TIMEを見ていました。
が、しかし、、、

9回裏にドラマが待っていました。
今日のMASUI TIMEは上映時間が長かったです。。。

増井タイム (MASUI TIME)

上映開始直後、三者連続フォアボール、あっという間に同点。。。

「このままサヨナラの流れだよなー。。。」

っと、もの凄く悲しい、悲劇の映画を見ている気分で、試合を見ていました。
もう、超絶楽しいコメディ映画だと思ってみていたら、起承転結、「転」から哀愁漂う、悲劇の映画に変わっちゃった感じです。

でも、よく踏みとどまったよ、増井。
同点でなんとか持ちこたえ、試合は延長戦へ。

延長戦の結末は

でも今日のファイターズは相手の「転」から、こちらの「転」へひっくり反す力は残っていなかったですね。

終幕は延長11回裏、ファイターズのドタバタ「転」「転」「転」エラーでピンチをつくると、あっさりサヨナラタイムリー打たれて終焉。

本当に野球は試合終了まで何が起こるかわからない。
今日のような試合があるから、奥が深いと思わされます。
でも、自分の応援するチームがドラマに振り回されるのは辛いですね。( ; ; )

「人事を尽くして天命を待つ」という言葉がありますが、今日のファイターズは人事は尽くしたと思います。
ただ、天命はファイターズに微笑んでくれなかっただけです。
ドタバタエラーはちょっといただけないですが、結果は結果。誰か一人のせいではないですよ。

石井一成くん

試合終了後、ベンチへ戻る際に涙している姿が、とても印象的でした。
きっと自分のエラーのことを思っての涙だったんだと思います。
そして、涙するくらい勝負に対する気持ちがあり、自分の失敗を責めたのではないかと思います。
悔し涙だったんだと思います。

試合に負けてとても残念でしたが、石井一成くんのその姿を見れて、試合結果なんかどうでもよくなりました。
今日の悔しい経験はきっと糧になります。
この糧をもって、もっと成長したプロ野球選手になる石井一成くんの姿を見れるよう、応援していきたいと思います。
きっと成長してくれるはずです。

おわりに

すみません。
日曜にブログを書いたものの、公開したつもりがまさかの「下書き保存」
これも甲子園のマモノのせいだと思います。笑